小型化ブームで極小化

チワワ ブリーダー、最近なにやら騒がしい!!

チワワは、犬の中でもっとも小さな種類で、メキシコのチワワ地方が原産です。

チワワは、北アメリカの一番古い犬種で、アステカ文明の王の時代から飼われていた、テチチと呼ばれる、現状より少し大きい犬種の直系だと考えられています。

テチチは、宗教の儀式のに使われていたとされるが、詳細は不明です。

チワワは、19世紀半ばから、品種改良が進められ、アメリカンケネルクラブに登録されたのが1904年です。

1970年代より、日本でもチワワが、飼育されるようになり、2006年のジャパンケネルクラブの、チワワの登録数は、8万6千頭とダックスフンドに次ぐ、2位という人気になっている。
また、特に若い女性に人気がある。

人気が高いために、チワワ専門のブリダーも増加しています。

近年の小型化ブームで、供給側のブリーダーもそれに応え、極小化している状況にあります。